ガラスの天井という言葉は窓ガラスと無関係か?

glass_tenjyo
ある社会科の試験を受けていると、選択回答の問題の中にガラスの天井という言葉が出てきた。その言葉の解説はなかったのであるが、ガラスという言葉に反応してなぜか今でも印象に残っている。なぜ自分の中でそれが印象に残っているのかと内省してみたところ、ガラスの天井という言葉は窓ガラスと無関係なのか?という疑問があったからだろう。その当時、私は窓ガラスについての興味があり、ついついガラスという名詞がついている言葉を聞くと、窓ガラスと関連付けて考えてしまう傾向があったのだ。

では、そのガラスの天井という言葉、本当に窓ガラスと無関係なのかと調べてみたところ、ほとんど関係が無いことがわかった。それならばガラスの天井の意味とは何かとなるが、それについては詳しいことはわからないものの、女性差別に関係している社会用語らしい。今ではやや女尊男卑な社会になりつつあるが、かつての日本は男性優位でパターナリズムが横行していた時代であり、女性の社会的な進出はもちろんのこと出世なども憚られていた。男女雇用機会均等法ができて、法的には日本において男性も女性も社会的な立ち位置は同じとなったのだが、現実は女性の昇進などを拒む見え無い天井があるということで、見え無い=ガラスという表現になり、その例えをガラスの天井の言葉にしたようだ。そのため、ガラスの天井と窓ガラスとはまったく関係が無いと考えられる。

しかし、間接的にはガラスの天井という言葉と窓ガラスは関係しているのではないだろうか。なぜならば、窓ガラスは基本的に透明であり、透明であることが人々の中に浸透する立役者となったのが窓ガラスである可能性を否めないため、このガラスの天井の言葉の閃きにおいて窓ガラスが微妙に関係しているのではないかと思うからである。

かといって、言葉の閃き時に窓ガラスが関係していても、この言葉の意味としては窓ガラスは一切関係ないのは間違いないようだ。