安物のガラスを住宅の窓に使うべきではない!

mado_jyutaku
住宅には採光のために窓が設置されていますが、そこにはめ込まれている窓ガラスの素材はまちまちです。
しかし薄い窓ガラスはどうしても防音や断熱の性能において住宅の弱点となります。逆に言うと、窓ガラスにきちんとした素材を使うことで、その住宅の性能は格段にアップするとも言えるのです。

JENAER GLAS(イエナ・グラス)|Zwiesel Japan(ツヴィーゼル・ジャパン)

窓ガラスに費用をかけることで、最も効果が上がると言われているのが断熱効果です。冬場は部屋を暖めた暖房の熱が、そして夏場は部屋を涼しくしたクーラーの冷気が、窓から抜けていってしまうほど無駄なことはありません。真空ガラスにはじまる複層ガラスを使用することで、こうした冷暖房のロスを劇的に減らすことができるとしたら、たとえ購入時は通常の窓ガラスよりも高価な断熱系の窓ガラスを入れたとしても、電気代などの節約によって、すぐに元が取れるというわけなのです。

窓ガラス修理・交換なら当日対応、実績12万件以上みんなのガラス屋さん

次に考えられる窓ガラスの効果は「安全性能」でしょう。昔に比べて耐久性能が飛躍的に向上したとはいえ、窓ガラスはやはり何かの拍子に割れてしまうこともあります。このとき破片によって大きなけがをする場合があるため、特に住宅の窓ガラスには、破砕に対する安全性能が求められるのです。そしてこれは、空き巣対策としても同様です。空き巣には窓ガラスの一部を破壊して侵入するケースが見受けられますが、これを防ぐ効果もきたいできるのです。
合わせガラスなどの二枚のガラス板の間にフィルムを挟んだものや、ガラスそのものに応力を持たせているものがあり、どちらも安全性能に優れています。

雨格子の館 公式Webサイト

最後に挙げられるのが「美観」でしょう。住宅の窓ガラスが汚れていれば、その住宅の美観は著しく損なわれますが、最近は光触媒の効果によって、自ら汚れを落とす効果を持つ窓ガラスもあるそうです。ハーフミラー効果をもつ窓ガラスもまた、美観の上で優れたガラスです。このように、窓ガラスは費用をかけたぶん、しっかりと効果が出る設備なのです。